【本物保証】 Subdecay Proteus MkII エンベロープフィルター-エフェクター

夏休みがスタートしました!海や山でのレジャーのときには、バーベキューが楽しみですね。おしゃれに盛りつけるコツもご紹介します。

【本物保証】 Subdecay Proteus MkII エンベロープフィルター-エフェクター




Subdecay Proteus MkII エンベロープフィルター

Subdecay Proteus MkIIは、「誰もが」「簡単に」扱うことのできるエンベロープフィルターです。長年ご好評をいただいていたProteusをさらにアップデートを行い、MkIIとして進化しました。

新たに追加されたResonanceコントロールにより、原音に近い薄めのエフェクトから強力なギターシンセのようなトーンまでに対応、エフェクトを新たな次元へと進化させました。

さらにBP/LPスイッチの追加により、フィルタのタイプを変更することも可能となりました。
さらに18V駆動にも対応し、より高いヘッドルームを確保することもできます。

Proteus MkIIのフィルターは、完全なアナログフィルターです。フィルターの動きの制御にデジタルの魔法をかけています。

オールドスクールなアナログフィルターは、トラディショナルなオートフィルターのトーンを作ります。アナログOTAベースのフィルターデザインは、ヴィンテージマエストロのユニットに近い構成です。

Proteus MkIIのデジタル部は、アナログフィルターを制御することのみに使用されています。これにより、タップテンポ、エンベロープフィルターとサンプル/ホールドの切替のような簡単操作を実現しています。

●特徴
・エンベロープとサンプル/ホールドモードを選択できるコンパクトフィルターペダル
・フルアナログシグナルパス
・タップテンポ、モード切り替えにのみデジタルコントロールを使用
・シンプルで扱いやすく、ライブステージにも適した操作性

●コントロール
・Bypass(右のフットスイッチ):エフェクトのON/OFFを切り替えます。
・Tap/Hold(左のフットスイッチ):4回タップすることで、タップテンポでスピードを設定できるランダムアルペジエーター(サンプル/ホールド)となります。フットスイッチを1秒間長押しすると、もとのエンベロープフィルターに戻ります。
・Depth:フィルターの動く深さを調整します。
・Frequenciy:エンベロープモード時にはフィルターのレスティングポイントを設定します。サンプル/ホールドモードでは、フィルターのセンターポイントを設定します。Depthノブが最小に設定されているとき、このコントロールは半止めにしたワウを動かすような設定も可能です。最もかかりが好みだと思うところに設定します。
・Resonance:フィルターのQを設定します。フィルターの強さを調整するように使います。
・LP/BP:ローパスフィルターとバンドパスフィルターを切り替えます。バンドパスフィルターはよりワウペダルに近い音となります。
・1/2/4:サンプル/ホールドモード時、タップテンポに対して1倍、2倍、4倍のスピードでフィルターを動かすことができます。その倍率をこのスイッチで選択します。
・デュアルカラーLED:エフェクトをONにするとグリーンに点灯し、フィルターが動作すると赤が点灯します。バイパス時にも現在のモードを確認することができます。

●旧Proteusとの違い
・バンドパス/ローパスフィルター切り替えスイッチ
・マエストロフィルターサンプル/ホールドに近い構成
・18V駆動にも対応
・Resonanceノブの追加によりフィルターのQを設定可能に

●スペック
・インプットインピーダンス:220KΩ
・アウトプットインピーダンス:1KΩ以下
・駆動:DC9~18Vアダプター(電池使用はできません)
・消費電流:25mA以下
・サイズ:5.8×11.1×2.5(cm)。

↑このページのトップヘ